やさしい時間

脱都会 田舎暮らしを始めた 団塊世代の骨董屋の夫婦のつぶやき
プロフィール

rian master

Author:rian master
住み慣れた東京を離れ忍野村で 骨董と珈琲の店を始めて14年
素適な人々との出会い
素適な物との出会い
アンティークを眺め、珈琲を飲みゆったりとやさしい時間をすごしていただけたら・・・・


古美術品 古陶磁器 古い家具等 販売と買取りいたしております
ご処分の際はご相談ください


アンティーク茶房 里庵
〒401-0511
山梨県南都留郡忍野村忍草2849-2
℡ 0555-84-7327
open 10:00-18:00(水曜定休) 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
MAMAのお気に入り
里庵は朝10時の開店となっています。

しかし土、日は朝8時過ぎには店に来て開店準備を始めます。

なぜか?

横浜のH氏は8時半頃、東京のS氏が9時頃来店するからです。

両氏は朝、里庵で会うのを楽しみにしています。

片方が来ないと「今日は来ないねェ~」とさみしそうにしています。

しかし、決して約束をしない所がいいですネ~。


そして9時半頃、8時間かけて岡山からいらしたご夫婦が来店。

台風一過の晴天を当て込んでいらしたが、あいにくの曇り。

富士山が見えない事を残念がり、「これは、又おいでといっている神の啓示だ!」と言って

再開を約束してお帰りになられた。

その後も常連さんやら子供づれのお客様と、なんだかんだであっという間にもう5時。

お客様はいなくなり、あたりは暗くなり始めます。


里庵の周りの木々も少しずつ紅くなってきています。



s-仕事 352





ドリスディの曲で“先生のお気に入り”という歌がありますが、

今日は“RIAN MAMAのお気に入り”猪口の紹介です。


s-仕事 356


古伊万里の色絵大向う付。朱の地に金のシダ模様。窓絵の中には松竹梅。

バラバラに割れているのを買って、金直しをしてもらいました。

今はカウンターの上で鉢カバーとして鎮座しています。


s-仕事 358



s-仕事 353


古伊万里の花唐草の猪口。

白磁の部分と唐草のバランスが絶妙。

もっぱらMAMAは湯のみで愛用しています。

割れているのを購入したため大変安い買い物でした。

しかし買った値段以上のお金をかけて、金直しをしてもらっています。


s-仕事 354


気に入った物は“とことん使いたい!”

RIAN MAMAらしいところです。


                    
                  RIAN MASTER


追伸1  『元値以上にお金をかけて~』と思われるかもしれませんが、

     キズのままで置いておくよりも金直しして使ってあげるほうが

     いいと思いますよネェ。

     素適な装いになって我が家に一員になってくれています。

追伸2  “タタンタルト”とってもおいしく出来上がりました!!

     写真を撮るのをすっかり忘れ、すべてお腹の中に入れてしまいました。

     是非又今度・・・


                 RIAN MAMA





ランキングに参加しました。
ポチッと↓していただけると嬉しいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
里庵を彩る小物たち | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
| home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。