やさしい時間

脱都会 田舎暮らしを始めた 団塊世代の骨董屋の夫婦のつぶやき
プロフィール

rian master

Author:rian master
住み慣れた東京を離れ忍野村で 骨董と珈琲の店を始めて14年
素適な人々との出会い
素適な物との出会い
アンティークを眺め、珈琲を飲みゆったりとやさしい時間をすごしていただけたら・・・・


古美術品 古陶磁器 古い家具等 販売と買取りいたしております
ご処分の際はご相談ください


アンティーク茶房 里庵
〒401-0511
山梨県南都留郡忍野村忍草2849-2
℡ 0555-84-7327
open 10:00-18:00(水曜定休) 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
ありがとう
先週、里庵の常連さんというより、よい先輩として

お付き合いをさせていただいていた Jさんが亡くなられた。

故人の希望で「富士山の麓で親族と仲間でひっそりと見送ってほしい」ということで

地元で“仲間葬”として、執り行われた。

「皆さん、一品一芸持ち寄って Jさんを送りましょう」という

発案の元、Jさんの好きだったウイスキーを持ってくるもの

きんぴらを煮てくるもの、ケーキを焼いてくるもの、

みんながJさんを偲んで色々なものを持ち寄ってきた。


中央にJさん。

そのまわりにたくさんのお花が飾られ

そのまわりに御親族と友人。

s-仕事 500


通常なら通夜での儀式終了後、お清めとしての席が設けられ、順におかえりになるところだが、

出席したもの全員での献杯のあと

仲間が集まってはよく歌っていた仲間のM代さんの作詞した『アメージング グレイス』を

歌おうと言うことになった。

「浄土真宗のお寺でこういう歌を歌っていいのでしょうか?」とご住職に聞くと

「故人を偲ぶ会です。いいですとも。私も一緒に歌います」といってくださった。

Mちゃんがピアノを弾き、皆で大合唱。

その後は賛美歌、「霧のサンフランシスコ」 、エルビスの「好きにならずにはいられない」

まで飛び出した。

Jさんのまわりで、皆の心のこもった料理を食べながら、どのグループもJさんの話題で花がさいた。

私は10時半ごろ失礼したが、20人ぐらいお寺に泊まりこんで、4~5時ごろまで大いに

Jさんの思い出話に花が咲いたようだ・・・


友人葬というものが在るのは知っていたが、こんなにも皆の心がひとつになって、

泣いたり笑ったりの心のこもった御通夜は初めて!!


まずはこのような、突拍子もない案を受け入れてくだっさた御親族の方々に

感謝するばかりです。

そして皆の意向をすべて受け入れてくださった慧光寺のご住職、

どこかのパーティを思わせるかのような静かだがどこか華やかさがある、Jさんらしい

お花の演出と生前のJさんをよみがえらせてくれたアート エンディングさん、

有難うございます。

今 そのお花が、里庵のあちこちに飾られています。


s-仕事 501



このような仲間を残してくれた Jさん


・・・・・あ り が と う・・・・・

       合 掌


                     RIAN MASTER



ランキングに参加しました。
ポチッと↓していただけると嬉しいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
日常の風景 | トラックバック(0) | コメント(4) |permalink
| home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。