やさしい時間

脱都会 田舎暮らしを始めた 団塊世代の骨董屋の夫婦のつぶやき
プロフィール

rian master

Author:rian master
住み慣れた東京を離れ忍野村で 骨董と珈琲の店を始めて14年
素適な人々との出会い
素適な物との出会い
アンティークを眺め、珈琲を飲みゆったりとやさしい時間をすごしていただけたら・・・・


古美術品 古陶磁器 古い家具等 販売と買取りいたしております
ご処分の際はご相談ください


アンティーク茶房 里庵
〒401-0511
山梨県南都留郡忍野村忍草2849-2
℡ 0555-84-7327
open 10:00-18:00(水曜定休) 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
新古の万年筆
ある文房具屋さんよりの買取品、閉店の為の処分である。

セーラー、パイロット、プラチナ、なつかしい名前。

いまやボールペンにおされ、万年筆を使う人がいなくなっている。

我々小さい頃、どれだけ万年筆の憧れたであろうか。

又、中学の入学のお祝いといえば、この手の万年筆であった。

RIAN MAMAなどは、「あー、コレコレ。私の入学祝の時の万年筆!!」

「これ頂戴!」とか、大騒ぎをしていた。

s-仕事 192


実はこの万年筆いくらで売ったらよいか?大変悩んだ。

年代は昭和40年代。未使用。

当時の2000円とか、2500円、3000円、の値札がついている。

この手は中古品?アンティーク?骨董品?

インターネットオークションなどでは、3本1000円からとか、

4本2000円からと出品されている。

しかし、しかしである。

私は当時ついていた値札どうり売ることにした。

同業者には「高い!」といわれたが、そんなことは「知らん!」

その価格で欲しい人だけ買ってくれればいい。

40代の女性をガールフレンドに持つある男性からプレゼントの相談をうけた。

いろいろなブランド品を贈っていたが、ネタが尽きてきたらしい。

「いっそうの事、この万年筆なんか どぉー?」

「えぇー、安くて助かるけど、こんなの!喜ぶー?」

「喜ぶか?喜ばないか?その人がわかっていいんじゃない。」

無責任な話である。

しかし、結果は。

「いままで高級なブランド品、素適なものをいろいろいただいたけど、

今回のこの万年筆、いままでの中で、いちばん嬉しい!!」って、言われたそうだ。

そう思い出にはどんな高級品もかなわないのだ!

そして、たまには私も役に立つ事があるのだ。

                RIAN MASTER


ランキングに参加しました。
ポチッと↓していただけると嬉しいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
里庵を彩る小物たち | トラックバック(0) | コメント(6) |permalink
<< 伊万里の沈香壺 | home | ルバーブ >>
コメント
はっぱふみふみ
なつかしいね。万年筆や腕時計に目を輝かせた日がわたしにもあったのだっけ。

ちなみにこんな名CMも……
http://www.youtube.com/watch?v=rYfYaflhi7w
2010/06/11 Fri| URL | やまこ
[ 編集 ]
やまこさん
ありましたネ~。
私もよく真似しました。
まさにゲゲゲの女房に時代ですかネ。
RIAN MASTER
2010/06/12 Sat| URL | rian master
[ 編集 ]
万年筆
こんばんは。
万年筆、憧れましたよ。
高校生のときなど中古のお下がりを頂いて、
それを大事に使っていました。
自分である程度お金が使えるようになると、
早速万年筆を買いに行ったりしました。
大事にしそうな人なら、
まけてくださいね。
2010/06/14 Mon| URL | 只野乙山
[ 編集 ]
只野様
おはようございます。
大事にしてくれそうなら、オマケシマスヨ。
骨董屋さんの値引き交渉は、ただ「まけて」
ではだめです。
惚れた女性を口説く要領です(笑)
RIAN MASTER
2010/06/15 Tue| URL | rian master
[ 編集 ]
なるほど
このように値段を設定するのですね。

RIAN MASTERさんの心意気が少しわかりました。
映画『三丁目の夕日』で、吉岡 秀隆扮する小説家茶川が一緒に暮らす淳之介に万年筆をクリスマスプレゼントするシーンを思い出しました。

昭和40年代の万年筆が新品のまま残っていたとは、閉店した文房具屋さんには昔懐かしいノートや鉛筆、鉛筆削り等もあったのでは? 想像力が膨らむ絵柄です。
2012/01/15 Sun| URL | ミキタカ08シクティーズ
[ 編集 ]
おはようございます。
なにをもって、骨董と言うかは別にして、
値段というものは、売る時と、買う時のみ、
発生するものです。
ものを見るとき、自分で値段をつけてみてください。面白いですよ!

モンブランやパーカーだけが、万年筆ではありません。たかが万年筆、されど万年筆です。
RIAN MASTER
2012/01/16 Mon| URL | ミキタカ08シクティーズ様
[ 編集 ]
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。